安定と不安定

LIFE

みなさん、こんにちは。こんばんは。

安定していると聞くと、どうでしょうか?なんとなく、落ち着いているように感じます。

生活が安定している。給料が安定している。家族が安定しているなど。

とても良い印象ですよね。

 

僕自身も公務員になる前から、親から

「安定している公務員になれ。公務員が一番だぞ。」

と言われ続けていました。

 

なんとなく僕の心の中でも「公務員がいいな。」という感情が知らず知らずのうちに身についているようでした。

そのことを目標に、公務員受験勉強をして実際に公務員になることができました。

 

たしかに、安定しています。

雇用、給与、福利厚生、休暇などなど。

ですが、この安定が生み出すものは何でしょうか?

残念ながら、生み出せるものは少ないのです。

安定してるからこそ、生み出そう。編み出そう。なんとかしよう。

そうならなくなってしまうのです。

どうでしょうか?民間企業に目を向けてみてください。みなさん必死です。

仮に必ず売れるものがあるとしても、それは一時的なものにすぎません。

他に素晴らしくコストパフォーマンスがあるとすれば?

もちろん、後者を選ぶでしょう。

ですから、現状に甘んじることなく続けなければならないと理解しています。

不安定だからこそ、安定を求めるために継続し努力し続ける。

言葉に違和感があるかもしれませんが

安定こそ不安定、不安定こそ安定

そういった風な考えも持ってみると今の仕事が変わっていくと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

2 件のコメント

  • お疲れ様です。
    私は田舎で消防士をしております。
    いつも投稿拝見させていただいております!

    私の消防官歴は7年です。

    個人の成長よりもチームが成長していくのが楽しくて休みの日に仲間と集まって訓練をしています。(ロープ、FFS/RIT、ラダー等々)今後は組織を少しずつ良くしていければなぁと思ってます。
    少しずつですが組織の理解も得てきたかなぁと思ってます。色々否定されたり嫌なことは多々ありましたが笑

    嫌な思いをした時に転職を考えました。考えてるうちに段々と他の仕事もやってみたいと考えるようになり、あと5年を目処に退職してフリーランスで働きたいと思っております。辞めるまでは全力で消防官人生を全うするつもりです!
    ちなみにパン屋さんをやる予定です笑、成功したら地元の議員になって消防を良く出来る環境にするのが目標です!笑(イチ消防官でできることは限られるので)

    コウさんは実際に転職されてみて今現在の心境はどうでしょうか?
    投稿をみる限り、熱い消防官生活を過ごしていたと思いますが後悔などはありませんか?

    お手数をおかけしますが返信よろしくお願いいたします‍♂️

    • いつも読んでいただき、ありがとうございます。
      実は、初めてのコメントでしてとても感激しております。

      私自身も同じような境遇だったかなと思います。
      努力していることを否定されたときはとても落ち込みました。
      現状を良くしたいという私の気持ちと上司の現状維持という保守的な考えは
      どうにも折り合いがつけなかったようです。
      後に和解?していますが、、、。

      転職を考えることは良い機会なのではないでしょうか?
      100年と言われる長い人生において、大半の時間を仕事に費やすわけですから。
      私も将来的に消防を良くしていけるようなことを考えて、こういったブログを開設しています。
      ただ、文章での解説が難しいと感じている現状です。

      後悔はまったくありません。
      転職を考えて、非常に長い期間を悩み抜いてだした結論です。
      ちなみに私もフリーランスです。
      不安は消防士時代の比ではありません。
      それが常に変化していく、努力していく原動力になっていることは確かです。

      将来やってみたいことがあるという事ですので
      未来の自分から見て後悔のない選択をしていただけたらと思います。

      ご丁寧にありがとうございました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUT US

    kou
    10年以上消防士として災害現場の最前線に立った後に退職。 職歴のほとんどを救助隊員として過ごし、隊長、機関員、隊員を経験している。 日本全国各地での大災害にも緊急消防援助隊として活動した経歴をもつ。 退職後は、日本全国の消防士の後輩など災害現場に立ち向かう方に向けた情報や一般の方に防災に関する情報を発信。 このブログの目的は、優良な消防救助防災知識を広めていくこと。 たまに、生活情報も発信します。