働く上で心構えておくこと

LIFE

みなさん、こんにちは。こんばんは。

働いている中で大多数の方が感じることであると思いますが、

この人、何もしてないな。本当仕事しないな。

と、感じたりすることがありませんか?

おそらく、どなたも経験していると思います。

もちろん、私自身も経験しています。

これは2:6:2という原理働いているといわれています。

どういうことかと言いますと、

組織の2割が率先して働き、6割が特に考えずに過ごし、残りの2割がサボっている

ということです。

こう聞くと、あ〜そうかも。と思ったりしませんか?

では、率先して働く人たちを10割にしたら?

残念ながら、見事にこの2:6:2の原理が働いてしまうのです。

 

ただ、このことを頭に入れておく。また、受け止めておく。ということをしておけば気持ちは楽になりませんか?

そして、組織を良い方向へと向かわせるにはどうしたらよいか。

8割の人に動いてもらうしかない。ではなく、

2割のサボっている人たちを6割の人たちに近づけるようにすればよいのです。

こう考えるとさらに楽に考えていけますよね。

大多数の6割の人間を動かすことよりも2割の人数でよいのですから。

気をつけなければいけないのが、6割の人たちをサボらせる方向には絶対に向けないことです。

組織が悪い方向へ向かっているときは、この傾向がみられます。

私自身の経験からもこのことに気づくまで非常に苦労していましたし

理解した後は気持ちが楽になりましたので、ぜひ頭の隅にでもこのことを入れていただければ幸いです。

kou

スポンサーリンク